RSS | ATOM | SEARCH
いやいや・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

 

データを整理していたら、今はなき自サイトに掲載していた自筆イラストデータを発見。

多分、フォトショの練習で描いたもの・・・はず。

とりあえず、タイムリーなネタの絵だったので

 

 

エゴコロの無さはその後もあまり進歩していない模様

author:みずち つかさ, category:日常, 22:14
comments(0), -, pookmark
10になる

JUGEMテーマ:日記・一般

 

遅まきながら、自宅PCのOSをWin7からWin10へ移行作業を行う。
ネット接続しなければ、いらん苦労だとは思いつつ・・・−ω−;;;
まだ、無償アプデもでき、アプデ用ソフト(?)もマイクロソフトから頒布されているというので、それを使ってやってみる。
1.5時間程度で無事にWin10へ移行できたんですが、今まで使っていたものが、いろいろ隠されしまったりするので、探すのに苦労しましたです。
IEとか、IEとかIEとか!
既存ソフトの動作確認とかは、ちまちましていかないといけないのですが、旧来のお絵描きソフトとかExcelとかWordが使えたので取りあえずはOKということで。
 

author:みずち つかさ, category:日常, 23:42
comments(0), -, pookmark
仕事初め

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今日から実質的に仕事初め。
公式には明日からなんですが、なぜか当番制で出社しなければならない為、本日からお仕事な訳です。
まあ、電話も鳴らないので仕事が捗るので良いことは良いんですが(笑)
 

 

author:みずち つかさ, category:日常, 19:10
comments(0), -, pookmark
花びら餅

義父の家に挨拶に行く前に明石屋さんに寄って「花びら餅」他を購入。
初商いということで「大黒餅」を頂きました。
毎度のことながら、明石屋さん、太っ腹>こら

 

hanabiramoti
▲先ずは、花びら餅を神棚へお供え。

 

  

▲抹茶が残っていたので、本日は、濃茶を練ってみる。。。
が、香りが立たない罠。。。
ダマはできなかったんですが・・・−ω−;;;
で、よくよく抹茶の缶を見てみたら、お薄用の抹茶でした。。。orz

 

▲茶碗は、黒楽もどき>こら

 

▲初商いの粗品で頂いた大黒餅
 

author:みずち つかさ, category:-, 16:42
comments(0), -, pookmark
静かなお正月

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今年は、昨年6月に義母が他界し喪中の為、静かなお正月。
尤も妻側の親の場合、服喪しなくても良いようなこともいわれますが。。。
とりあえず、喪中扱いということで、餅は飾らず、初詣にも行かず。
 

author:みずち つかさ, category:日常, 18:02
comments(0), -, pookmark
大祓

JUGEMテーマ:日記・一般

 

お昼までに神棚を掃除し、浄衣に着替えて先ずは祓詞を奏上し、次いで大祓詞を奏上。
とりあえず、”夕日の降”までには宣上げられたのでOKということで>こら

▲神道祓詞大全。折本ですが、書かれている祝詞は宣命体ではありません。(草
この内、大祓詞の旧版を奏上。

▲岩波文庫「祝詞・壽詞」
現在の大祓詞の元になった延喜式巻八に収録の六月晦日大祓詞(中臣祓)が載っています。

以下がそれ。

しはすのつごもりのおほはらひ
十二月晦大祓
うごなわれるみこたち・おほきみたち・まえつきみたち・もものつかさのひとたちもろもろきこしめせとのる
集侍親王・諸王・諸臣・百官人等諸聞食宣。
すめらがみかどにつかへまつる、ひれかくるとものを、たすきかくるとものを、ゆぎおふとものを、
天皇朝廷仕奉、比礼挂伴男、手襁挂伴男、負伴男、
たちはくとものを、とものをのやそとものををはじめて、つかさづかさにつかえまつるひとどもの、
劒佩伴男、伴男八十伴男、官官仕奉人等乃、
あやまちおかしけむくさぐさのつみを、ことしのしはすのつごもりのおおはらへに、
過犯家牟雑雑罪、今年十二月晦之大祓
はらひたまひきよめたまふことを、もろもろきこしめせとのる。
祓給清給事、諸聞食宣。
たかまのはらにかむづまります、すめむつかむろぎかむろみのみこともちて、
高天原神亜坐、皇親神漏岐神漏美命以
やほよろづのかみたちをかむつどへつどへたまひ、
八百萬神等神集集賜

かむはかりはかりたまひて、あがすめみまにみことは、とよあしはらのみづほのくにを、
神議議賜、我皇御孫之命豊葦原水穂之國
やすくにとたひらけくしろしめせとことよさしまつりき。
安國知所食事依
かくよさしまつりしくぬちに、あらぶるかみどもおば、かむとはしに、とはしたまひ、かむはらひにはらひたまひて、
如此依國中、荒振神等乎婆、神問志爾賜、神掃掃賜
ことどいしいわねこのたち、くさのかきはをもことやめて、あめのいわくらはなれ、
語問磐根樹立、草之垣葉乎毛語止、天之磐座放、
あめのやへぐもをいづのちわきにちわきて、あまくだしよさしまつりき。
天之八重雲伊頭千別千別、天降依
かくよさしまつりしよものくになかと、おほやまとひたかみのくにをやすくにとさだめまつりて、
如此佐志四方國中、大倭日高見之國安國定奉
したついはねにみやばしらふとしきたて、たかまのはらにちぎたかしりて、
下津磐根宮柱太敷立、高天原千木高知
すめみまのみことみづのみあらかつかえまつりて、あめのみかげひのみかげとかくりまして、
皇御孫之命美頭御舎仕奉、天之御陰日之御陰隠坐
やすくにとたひらけくしろしめさむ、くにちになりいでむあめのますひとらが、
安國気久所知食、國中成出天之益人等
あやまちおかしけむくさぐさのつみごとは、あまつつみと、
過犯家牟雑雑罪事、天津罪
あはなち・みぞうめ・ひはなち・しきまき・くしさし・いけはぎ・さかはぎ・くそへ・ここだくのつみを
畔放・溝埋・樋放・頻撒・串刺・生剥・逆剥・屎戸・許許太久
あまうつつみとのりわけて、くにつつみと、
天津罪法別、國津罪
いきはだたち・しにはだたち・しろひと・こくみ・おのがははおかせるつみ、おのがこおかせるつみ、ははとことおかせるつみ、
生膚断・死膚断・白人・胡久美・己母犯罪、己子犯罪、母與子犯罪、
ことははとおかせるつみ、けものおかせるつみ、はふむしのわざはひ、たかつかみのわざはひ、たかつとりのわざはひ、
子與母犯罪、畜犯罪、昆蟲災、高津神災、高津鳥災、
けものたふし、まじものせるつみ、ここだくのつみいでむ。
畜仆、蠱物為罪、許許太久罪出
かくいでば、あまつみやごともちて、おおなかとみあめつかなぎをもとうちきりすえうちたちて、
如此出、天津宮事以、大中臣天津金木本打切末打断
ちくらのおきくらにおきたらはして、あまつすがそをもとかりたちすえかりきりて、やはりにとりさきて、
千座置座置足波志低、天津菅曾本刈断末刈切、八針取辟
あまつのりとのふとのりとごとをのれ。
天津祝詞太祝詞事
かくのらば、あまつかみはあめのいはとをおしひらきて、
如此乃良、天津神天磐門押披
あめのやへぐもをいづのちわきにちわきてきこしめさむ。
天之八重雲伊頭千別千別所聞食
くにつかみはたかやまのすえひきやまのすえにのぼりまして、
國津神高山之末短山之上坐
たかやまのいほりひきやまのいほりをかきわけてきこしめさむ。
高山之伊穂理短山之伊穂理撥別所聞食
かくきこしめしてばすめみまのみことのみかどをはじめて、
如此所聞食皇御孫之命朝廷
あめのしたよものくにぐにには、つみといふつみはあらじと、
天下四方國爾波、罪不在
しなとのかぜのあめのやへぐもをふきはなつことのごとく、あしたのみぎりゆうべのみぎりを、
科戸之風天之九重雲吹放事之如、朝之御霧夕之御霧
あさかざゆうかぜのふきはらふことのごとく、おほつべにをるおほぶねを、へときはなち、ともときはなちて、
朝風夕風吹掃事如、大津邊居大船、舳解放、艫解放
おほうなばらにおしはなつことのごとく、をちかたのしげきがもとを、
大海原押放事之如、彼方之繁木本
やきがまのとがまもちてうちはらうことのごとく、のこるつみはあらじとはらひたまひきよめたまふことを、
焼鎌敏鎌以打掃事之如、遺罪不在祓給清給事
たかやまのすゑひきやまのすゑより、
高山之末短山之末與里
さくなだりにおちたきつはやかはのせにますせおりつひめといふかみ、
佐久那太理落多支都速川瀬坐瀬織津比云神、
おほうなばらにもちいでなむ。
大海原持出奈武
かくもちいでいなば、あらしほのしほのやほぢの、
如此持出往、荒鹽之鹽八百道
やしほぢのしほのやほあひにますはやあきつひめといふかみ、もちかかのみへむ。
八鹽道之鹽八百會速開都比津云神、持可可呑
かくかかのみてば、いぶきどにますいぶきどぬしといふかみ、
如此可可呑、気吹戸坐気吹戸主云神、
ねのくにそこのくににいぶきはなちてむ、かくいぶきはなちて、
根國底之國気吹放、如此気吹放
ねくにそこのくににますはやさすらひめといふかみ、もちさすらひうしなひてむ。
根國底之國坐速佐須良比云神、持佐須良比失
かくうしなひてば、すめらがみかどにつかへまつるつかさづかさのひとどもをはじめて、
如此、天皇朝廷仕奉官官人等
あめのしたよもには、けふよりはじめてつみといふつみはあらじと、
天下四方爾波、自今日始不在
たかあまはらにみみふりたててきくものと、うまひきたてて、
高天原耳振立聞物、馬牽立
ことしのしはすのつごもりのひのゆふひのくだちのおほはらひに、はらひたまひきよめたまふことを、
今年十二月晦日夕日之降大祓、祓給清給事
もろもろきこしめせとのる。
諸聞食宣。
よくにのうらべども、おほかわぢにもちまかりいでてはらひやれとのる。
四國卜部等、大川道持退出祓却宣。

author:みずち つかさ, category:日常, 17:26
comments(0), -, pookmark
100円の渋皮煮

JUGEMテーマ:日記・一般

 

クレーンゲームで栗の渋皮煮があったので、やってみたら、100円で取れた。。。

我ながらびっくり。

 

 

 

author:みずち つかさ, category:日常, 18:07
comments(0), trackbacks(0), pookmark
即位礼正殿の儀

JUGEMテーマ:日記・一般

 

皇室の彌榮を謹んで祈念いたします。

 

そんな訳で、黒袍著し、威儀を正して中継を見ようと思ったものの、暑さに断念。

冠直衣にしました。。。>こら

 

▲ひさしぶりに出した黒袍

 

 

▲暑さに負けて夏直衣に変更・・・−ω−;;;

author:みずち つかさ, category:日常, 22:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark
御譲位

JUGEMテーマ:日記・一般

 

主上が黄櫨染御袍を召され賢所へ進まれる様子をTVで拝見する。
誠に畏れ多い事ながら、御姿から御即位以来三十年という月日の流れを感じずにはいられませんでした。
袖の襞の取り方、石帯の見え方から高倉流の御服上げかと思いつつ>こら
なおこれは不敬かもしれないが、御袍についてはいま少し糊を利かせるなりしたほうが良かったのではないか?と、個人的には思いました。
新調はされずとも洗い張り等何らかのは方法はできたのではないかと・・・
(装束の洗濯ができないことは承知していますが)
それと襴の位置が少し高かったのでは無いかと。
今まで下襲の前裾が襴の下から覗くようなことは無かったと思うんですが・・・−ω−;

 

author:みずち つかさ, category:日常, 13:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark
冑飾り

JUGEMテーマ:日記・一般

 

冑の前に口花付の瓶子を飾ってみる。
ん〜、瓶子自体が大きいせいもありアンバランスになる罠。
・・・−ω−;;;
 

冑飾り01   冑飾り02 

▲もともとがこの冑に付随していた瓶子ではないし。

 

瓶子と口花 

▲瓶子と口花。

但し、瓶子は深草焼きではありません(草 

 

author:みずち つかさ, category:日常, 15:40
comments(0), trackbacks(0), pookmark